甲立駅徒歩10分
安芸高田市歯医者

歯周病は「感染症+生活習慣病」?

歯周病は歯周病菌により生じる病気ですが、毎日の生活習慣によっても歯周病にかかりやすかったり、治療しても治りにくかったりすることから、歯周病も生活習慣病のひとつと考えられています。では、歯周病のリスクを上げる危険な生活習慣とはどんなものでしょうか? 


生活習慣の見直しで危険因子を排除!

<こんな生活していませんか?>

★甘いもの、軟らかいものを好んで食べる…歯周病菌などの悪玉の細菌が住みつくプラークができやすい状態。プラークは粘着性が強くうがい程度では落ちません。

★口呼吸をしていると…お口の中が乾燥してプラークが溜まりやすくなります。

★タバコを吸う…ニコチンが血管を収縮させて歯ぐきへの血流を悪くすることで、免疫力が低下。歯周病が悪化したり、炎症が起きやすくなります。

★ストレス…ストレスが続くと唾液量が減少します。免疫物質が含まれている唾液が十分に分泌されないと、歯周病にもかかりやすくなります。

歯ぎしり…不自然な力が歯にかかり、歯周病が悪化。

<歯周病のリスクを減らすには?>
毎日のお口のお手入れや定期的な歯科医院での検診はもちろんのこと、上記のような生活習慣を見直すこともとても大切なのです。気になることがあれば、お気軽にご相談下さい。歯科医院との二人三脚で、お口の健康を維持して歯の寿命を伸ばしましょう!


手遅れになる前に!出血や歯ぐきの腫れ、治療をするのは今!

歯周病は、歯肉の炎症や出血からはじまり、歯を支えているあごの骨が溶けはじめ、最終的には大切な歯が抜けてしまうという恐ろしい病気ですが、その進行具合によって「歯肉炎」と「歯周炎」の二つに分けられます。でも、歯肉炎と歯周炎って、何が違うのでしょうか?

「歯肉炎」ならまだセーフ!完治も可能です。

歯肉炎…歯ぐきの炎症だけにとどまったもの。歯ぐきが赤みを帯びて腫れてきたり、ブラッシング時に出血したり、朝起きた時に口の中がネバつくなどが、歯肉炎のサインです。

歯周炎…歯ぐきのみに起こっていた炎症が、あごの骨にまで進み、骨を溶かしていきます。溶けたあごの骨は、もう元に戻すことができません。

「歯肉炎」の段階なら適切な治療をすれば完治も可能ですが、「歯周炎」に進み溶けてしまったあごの骨は、骨再生や骨移植などの骨を増やす治療を行わなければ、もう二度と元の状態には戻りません。歯周病は進行が遅く、自覚症状も分かりにくいので、気がついたら重症化していて、抜歯ということもありうるのです。

そうならないためには、毎日のブラッシングに加えて、定期的にプロの目でチェックしてもらうことが必要です。「歯ぐきがいつもと違うな」と感じたら、早めに歯医者さんに行って歯肉炎の段階でストップさせましょう。1本でも多く自分の歯を残せるように一緒に頑張りましょうね!


広島県 安芸高田市 ふじとう歯科

〒739-1101 広島県安芸高田市甲田町高田原1160−7

広島県 安芸高田市 ふじとう歯科
お電話
ネット予約

teech